催眠術を成功させるためには自信がかなり大切です!

自信が無ければ成功するものも成功しません。

催眠をかける際は自信満々でやりきりましょう!!!

特に催眠を学び始めた初心者はどうしても経験不足から自信がありません。

なので、ここでは初心者向けにアドバイスをしていきます。

最初は偽物の自信でOK!

私は催眠術を指導してくれる方の元で学びましたが、学びに行く前に『催眠術のかけ方youtube』を見て真似して見知らぬ人に催眠をかけてみました!

被験者はナンパで見つけました笑

第一声は『催眠術師なんやけど、うさんくさいやろ?』でした。

そして、さもプロっぽく5年間これで生活しているだのと嘘をついて狐のカタレプシーをやると大成功!

そのまま腕を固める催眠、腕が浮遊する催眠も大成功!

催眠にかかった方よりもかけた方が驚いてしまいましたが、さも普通さという顔でやりきりました。

誰でも最初は初心者です、偽物の自信をまとってやりきりましょう!

自己催眠(自己暗示)で自信を持つのもおすすめな方法の一つです。

関連ページ:自己催眠(自己暗示)のやり方 | 心と環境の準備と暗示文を紹介

催眠術をかけている時に絶対NGワード

  • 初心者なんですけど
  • 練習させてもらえませんか?
  • たぶん、きっと、どう?

これらすべてに共通するのは自信がないワードたちです。

意識的、無意識的に関わらずこれらの自信がない気持ちは相手に伝わります。

だから、経験が浅くても絶対に催眠術を成功させるという自信を持って取り組むことが大切です!

偽の自信を確固たる自信にする方法

確固たる自信にするためには、数をこなすしかありません!

どれだけ多くの人に催眠術をかけたか?どれほど多くの成功を収めたか?によって自信が身に着いていきます。

ですから催眠術をかけるチャンスがあれば積極的にチャレンジする必要があります。

どんどん経験を積んで自信を身に着けていきましょう!