狐のカタレプシーとは

狐のカタレプシーとは片手の薬指、親指、中指をくっつけた状態で行うカタレプシーテストです。狐のポーズといえば大体通じるのでここではそう呼びます。

このテストは人の体の構造を利用したテストです、試しに利き手で狐を作ってみてください、そしてグッと力を込める、力を抜く、これを数回繰り返した後に指を開いてみてください。

開きにくかったのでは無いですか?

指を狐の形にしてその状態で力を入れると多くの人が開きにくいと感じると思われます、これに合わせて力を入れる、抜く、を繰り返すことで指に力が入る状態を覚えさせます、観念運動を利用するのです。

ここに言葉による誘導、視覚による誘導を付けたし、このテストを行います。

このテストは成功すると自分の意志とは関係なく指が開かないという状態に陥るため被験者の中にはこれだけですごい体験をしたかのような反応をする方もいます。

簡単な被験性テストで被験性を高めた後に行うと成功率も高く、催眠誘導にはもってこいと言えます。

それではやり方を説明していきます。

狐のカタレプシーのやり方

  1. 指をこのようにぎゅっと強く握って下さい
  2. 指がくっついている部分をじーっと見て集中してください、見ているとどんどんと意識が集中します
  3. 指先に好きな色の糸がぐるぐるに巻き付いているのを想像してください。色や太さも鮮明にイメージして下さい
  4. 指先をじーっと見ているとどんどん集中していきます。集中すればするほど指先が固まってきます
  5. 糸が巻き付いてあなたの指先は固まって離れなくなってきます、どんどんとくっついていきます
  6. 開くのではなく指先の力を緩めてください
  7. (6の直後に)バシッ!!(被験者と同じポーズをして見せ付ける)もう開かない!!どんどん固まります!

以上になります。このやり方は一例で糸をイメージしてもらう部分を接着剤に変えてもらってもいいと思います。

このテストの被験者の反応には3パターンほどあります。

まずは固まる人、もう勝ったも同然です。

催眠術を初めて体験する被験者は未知なる感覚に興奮し、この人は本物だ!もっとかけてほしい、ほかの催眠術も見たい!と思っていることでしょう

そして2つ目はゆっくりと指を離す人。こういう反応をする方は、誘導によって指に違和感を感じている人か誘導に協力的な人でしょう。

こういう方は被験性は高い方だと思うので他のテストも行い反応をみるのがいいと思います

最後は3人目、すぐに離す人。こういう方は本当に被験性が低くまったくもって反応しない人とそもそも人の話を聞かない人、催眠術に対してタネを見つけてやろう、反発してやろうという方に多いです。

ショー催眠をしているときにこういう方が居た場合はもう相手をせずにほかの人を見つけた方がいいかもしれません。

このテストは簡単にできてかかった人は楽しい思いをするので催眠術の第一歩にどうぞ

被験性テスト一覧に戻る